このページではJavaScriptを使用しています。

国内・国際税務、農業の会計・税務コンサルティングを行う税理士法人 成和。

 

HOME > 税理士法人 成和新着情報

  • 成和グループ各社
  • 税理士法人 成和
  • 成和ビジネスコンサルティング
  • 上海成和ビジネスコンサルティング
  • ベトナム成和ビジネスマネジメント

税理士法人 成和新着情報

【国際税務教室】 寄付金課税(国外関連者に対する寄付金の損金不算入)

  国際化が一層の進展を見せる中、海外子会社を有する中堅・中小企業も珍しくありません。多国籍化した企業では「人・物・金+ノウハウ」が国境を越えて飛び交うようになります。そのような場合、税務上、特に注意が必要とされる項目の一つに「寄附金税制」があります。

 法人税法上、発行済み株式総数の50%以上を保有する海外子会社を「国外関連者」と呼びますが、「国外関連者」に対する寄付金はその全額が損金不算入とされます(※1)。これが「寄附金税制(国外関連者に対する寄附金の損金不算入)」と呼ばれるものです。
 
 法人税法上、寄附金とは①「金銭、その他の資産又は経済的な利益」の「贈与又は無償の供与」を行うもの、及び②有償譲渡において、譲渡対価が「時価と比して低いとき」において、当該差額のうち「実質的に贈与又は無償の供与をしたと認められる金額」とされています(※2)。すなわち、「対価性の有無」、「対価性がある場合、当該対価が時価に比して低いか否か」、「その場合、贈与や無償の供与と認定されるか否か」が重要な判断基準と言えます。
 
 実務的には、海外子会社への無利息での金銭の貸付(※3)、ノウハウ等といった無形資産を海外子会社に使用許諾している場合のロイヤリティの未回収、海外子会社へのサービス(人的役務)に対する役務提供対価の未回収などが代表的な例として挙げられます。国外関連者寄附金として全額損金不算入とされた場合、二重課税の解消が困難となることから注意が必要です。
 
 (※1)特措法66条の4第3項(※2)法人税法37条第7項、8項(※3)法基達9-4―1(子会社等の整理)、9-4-2(子会社等の再建)に該当する特別の取り扱いも存在します。
 
 
【国際税務教室】 BEPS(ベップス)プロジェクトとは何か
 最近、新聞や専門誌において「BEPS(ベップス)」という言葉を目にすることが増えました。一体、「BEPS」とはどのようなもので、わが国にはどのような影響があるのでしょうか。
 
 国際経済の発展のためには企業のグローバルな競争条件が公平となることが必要と考え、世界各国において、課税ルールの共通化や隙間のない課税権の確立に向けた取り組みが進められています。しかし、各国の税制がすべて統一されているわけではないことから、多国籍企業の場合、各国の税制のズレを利用することで課税所得を人為的に操作し、課税回避を行うことが可能となり得ます。このような課税回避を防止するためには、各国が連携して対応することが求められるとの視点から、OECD・G20を中心とした租税回避防止に向けた取り組みがなされています。これが「BEPS(Base Erosion and Profit Shifting:税源浸食と利益移転)プロジェクト」と呼ばれています。すなわち、BEPSとは課税回避を防止するために国際課税ルール全体を包括的に見直す国際的なプロジェクトと言えます。
 
 BEPSプロジェクトでは全15の具体的行動計画について、2014年9月の第一弾の報告書に続き2015年10月に最終報告書を公表することにより勧告を示しています。今後は、この勧告を踏まえ各国が制度構築を行う段階に移ることになりますが、わが国も第一弾の報告書に対応し、平成27年度・28年度の税制改正で国内法令の整備を始めています。
 
 このように、各国の国際課税の制度構築は国際的な潮流を踏まえた上で行われ始めており、わが国もBEPSの勧告に対応するかたちで国際課税の体系の再構築をスタートさせています。
 

 

 
中小企業庁「軽減税率対策補助金」ホームページ開設

 消費税率10%の引上げをめぐっては、未だ先行き不透明な状態ですが、予定通り軽減税率制度が来年4月1日に導入されるとした場合、この制度に対応したレジ等のシステム導入・改修が必要になります。

軽減税率対策補助金とは
 消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者向けに、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行う場合、その経費の一部を補助する制度です。
中小企業庁では
 「軽減税率対策補助金」のホームページが開設され、補助金制度の概要が公表されました。
 
事業者からの申請受付開始は法案成立後となります。
 
※消費税軽減税率制度は、現在国会にて審議中の「所得税法等の一部を改正する法律案」が成立した場合、平成29年4月から導入されるものです。
 
 
詳しくは下記リンクを御覧ください。


【チラシ】
javascript:void(0);/*1459146620325*/

【中小企業庁HP】
javascript:void(0);/*1459146736108*/

【軽減税率対策補助金事務局HP】
javascript:void(0);/*1459146696523*/

 
【国際税務教室】 消費税の輸出免税を受けるための証明

  社会、経済のボーダレス化やインターネットの普及に加えて国際郵便や国際宅配便といった物流サービスの向上により、海外との貿易に取り組む事業者が増加しています。輸出取引を行う場合には、通関手続など検討を要する項目が多々存在しますが、その中でも消費税の取り扱いに迷う場合も少なくありません。

 事業者が国内で商品の販売など資産の譲渡等を行う取引は、原則として消費税の課税取引とされます。しかし、当該資産の譲渡等が輸出取引に該当する場合には消費税が免除されます。この場合の輸出取引とは、商品の輸出や国際郵便等で(資産の譲渡等が輸出取引に該当することについての)一定の証明がなされたものとされています。すなわち、輸出免税の適用を受けるためには、当該資産の譲渡等が輸出取引に該当するということについての証明が必要となります(※1)

輸出取引を証明する書類は、輸出取引の区分に応じて規定されています(※2)が、具体的にみれば、資産の譲渡等が①輸出の許可を受ける貨物、および②当該資産の価額が20万円超の郵便物の場合には「輸出許可書」によって、③当該資産の価額が20万円以下の郵便物の場合には、輸出取引の事実を記載した帳簿又は郵便物の受取人から交付を受けた物品受領書等によってなされることとされ、これら書類は納税地等において7年間の保存が必要とされます。このように、輸出免税の適用には輸出許可証などといった証明書の保存が必要とされていることに注意が必要です。

(※1)消費税法第7条第2項

(※2)消費税法施行規則第5条第1項、消費税法基本通達7-2-23

 
【国際税務教室】 国外財産調書の提出制度における為替換算

 「国外財産証書」の提出期限(3月15日)が近づきました。「国外財産調書」の提出制度とは、その年の12月31日時点において、5,000万円を超える国外財産を所有する(非永住者以外の)居住者に、保有する財産の調書を翌年3月15日までに所轄の税務署に提出することを義務付けるものです。国税庁の公表によると、調書の提出数は、制度の初年度(平成25年分)は5,539件でありましたが、2回目となる平成26年分は8,184件へと大幅に増加しております(※1)

 ところで、調書へ記載する国外財産の価額は邦貨(円)によるものとされていますが、国外に所在する財産の多くは外貨で表示されていることから、邦貨へ換算をする必要が生じます。この場合、どのような方法で換算をするのでしょうか。

 法令等(※2)によれば、調書を提出する者の取引金融機関が公表するその年の12月31日における最終の「対顧客直物電信買相場(TTB)」を適用して換算をすることになります。したがって、所有する国外財産の外貨建て価額に増減が無い場合においても、その年の12月31日の為替相場によって邦貨建ての金額は毎年増減することになります。

当該制度では、調書の未提出には罰則(1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が適用されます。為替相場も踏まえた上で調書の提出義務についての確認が必要となります。

(※1)「平成26年分の国外財産調書の提出状況について」平成27年10月 国税庁

(※2)「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律施行令」第10条⑤、平成25年3月29日付課総8-1ほか3課共同(法令解釈通達)5-11。