このページではJavaScriptを使用しています。

国内・国際税務、農業の会計・税務コンサルティングを行う税理士法人 成和。

 

HOME > 税理士法人 成和新着情報

  • 成和グループ各社
  • 税理士法人 成和
  • 成和ビジネスコンサルティング
  • 上海成和ビジネスコンサルティング
  • ベトナム成和ビジネスマネジメント

税理士法人 成和新着情報

【国際税務教室】 国外財産調書の提出義務者

  経済及び社会のボーダレス化により国外財産の保有が増加傾向にある中、当該国外の財産にに係る所得税や相続税の適正な課税の実現を目的として、平成26年から国外財産調書制度がスタートしています。当該制度は、その年の12月31日において5,000万円を超える国外財産を有する非永住者以外の居住者に、保有する国外財産の調書を翌年3月15日までに所轄税務署へ提出することを義務づけるものですが、その提出状況をみると、平成26年分 提出件数8,184件・総財産額3兆1,150億円、平成27年分 8,893件・3兆1,643億円、平成29年分 9,102件・3兆3,015億円と、年を追うごとに提出件数、総財産額ともに増加傾向にあります。

 当該制度には、① 調書に偽りの記載をして提出をした場合に加えて、② 正当な理由なく提出期限内に提出をしなかった場合に対して、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処するとした罰則規定が設けられていることが、特徴的といえます(※1)
 
 当該調書の提出義務者は、5,000万円超の国外財産を有する所得税法上の「非永住者以外の居住者」とされています。「非永住者」とは、居住者のうち、日本国籍を有しておらず、かつ過去10年以内において国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下である個人をいいます(※2)。したがって、日本に在住する者の場合、外国人であっても、過去10年以内における日本国内の住所又は居所を有していた期間の合計によっては、非永住者とはならない(非永住者以外の居住者となる)場合もあることから、当該調書の提出義務について注意が必要です。
(※1)情状により刑を免除できるとされています。(※2)所得税法第2条第1項第四号
     
 
所得拡大促進税制に係る改正

  所得拡大促進税制について、法人は平成29年4月1日以後開始事業年度(個人事業主は平成30年分)から、適用要件が改正され、税額控除額は上乗せ措置が講じられております。

1.中小企業者等
 ①雇用者給与等支給額の増加額が前年度の雇用者給与等支給額の
       2%以上の場合
  →雇用者給与等支給増加額の10%に加えて、当期の雇用者給与
           等支給額から前期の雇用者給与等支給額を控除した額(注)
           12%を税額控除額に上乗せ
 ②雇用者給与等支給額の増加額が前年度の雇用者給与等支給額の
       2%未満の場合
  →雇用者給与等支給増加額の10%を税額控除
 
2.中小企業者等以外
 ①雇用者給与等支給額の増加額が前年度の雇用者給与等支給額の
        2%以上の場合
  →雇用者給与等支給増加額の10%に加えて、当期の雇用者給与
           等支給額から前期の雇用者給与等支給額を控除した額(注)
           2%を税額控除額に上乗せ
 ②雇用者給与等支給額の増加額が前年度の雇用者給与等支給額の
       2%未満の場合
  →税額控除の適用なし
 
 なお、従来からの適用要件(「雇用者給与等支給増加額」の「基準雇用者給与等支給額」に対する割合が一定の率を超えること、当期の「雇用者給与等支給額」が前期の「雇用者給与等支給額」以上であること)については変更はありません。     
 
【国際税務教室】 移転価格税制に係る調査必要度の判定

  国家間の課税権の適正な調整のためには、移転価格税制の適切な執行が必要とされます。移転価格調査は長期間にわたることも多く、また調査の結果、多額の課税額となることもあり、納税者にとって負担となります。他方、移転価格課税により生じた国際的二重課税には、租税条約を根拠とした税務当局間の相互協議といったプロセスが用意されていることから、当事者からの申立てに基づき、両国の税務当局の協議による合意解決が図られます。しかし、それには長期間を要する場合があり、税務当局にとっても負担となります。このように移転価格税制の執行は納税者と税務当局の両者にとって、大きな負担とならざるを得ない側面があります。

 国税庁はどのような方針のもとに、移転価格調査の必要性を判定しているのでしょうか。その考え方が、平成29(2017)年6月に国税庁から公表された「移転価格ガイドブック」に記載さています。ガイドブックでは ①内国法人が赤字又は低い利益水準となっていないか、②国外関連者の利益水準が高くなっていないか、③国外関連者への機能・リスクの移転などの取引形態を変更している一方、それに伴い適切な対価を授受していないこと等が想定されないかなど、6つの観点を例にあげ、納税者と国外関連者の機能・リスクも勘案しつつ、多角的に検討を行うことにより、調査の必要度の判定を行うとしています。
 
 調査をする側も、受ける側も負担が大きいとされる移転価格調査。対象とならないように企業による自発的なコンプライアンスの維持・向上が重要とされ、そのような自主的な対応を支援するため、各国税局に相談窓口が設置されるなど、積極的な施策が講じられています。
 
帳簿・請求書等の保存

 会計帳簿や請求書、領収書等の証憑類が増え、保管場所に悩む会社も多いと思われます。電子帳簿保存法により電子ファイルでの保存が認められるようになりましたが、厳格な要件を満たさなければならないこともあり、依然として紙で保存をされている会社が大半です。それでは、これらの帳簿及び書類(注、以下「帳簿等」とします。)の保存は、いつまで必要なのでしょうか。

 (注)帳簿の例として、総勘定元帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳などが挙げられ、書類の例として、注文書、契約書、領収書、棚卸表、貸借対照表、損益計算書などが挙げられます。
  
 まず、会社法では、帳簿等は決算期末から10年間保存しなければならないとされています。
 
 次に、法人税法では、帳簿等はその事業年度の確定申告書の提出期限から7年間保存しなければならないとされています。ただし、青色申告を提出している場合で、平成20年4月1日以後に終了した事業年度に欠損金がある場合には、帳簿等の保存期間は9年間になります。ちなみに、帳簿等の保存は青色申告の要件の一つであることから、これを満たさなければ青色申告の取消事由に該当する点に注意が必要です。
 
 また、消費税法では、仕入税額控除の適用を受けるための要件として、帳簿等を課税期間の末日の翌日から2か月を経過した日から7年間保存(6,7年目については、帳簿または書類のいずれか一方のみの保存だけでも可能)しなければならないとされています。
 
 なお、過去の判例上、帳簿等の「保存」とは、災害その他やむを得ない事情を除き、税務調査等に当たり適時に「提示」することが可能な状態にあることとされています。
 
 
【国際税務教室】 複雑化する相続税・贈与税の納税義務(平成30年度税制改正)

 相続税、贈与税の納税義務に関して、平成30年度税制改正において見直しが図られます。平成12年度、25年度、29年度に引き続いての改正となり、複雑さが増しています。

 相続税、贈与税の納税義務者は、相続・遺贈や贈与により取得したすべての財産について納税義務を負う無制限納税義務者と、取得した財産のうち日本国内にあるものについてのみ納税義務を負う制限納税義務者に区分されます。従来、この区分は財産を取得したときに、その者が日本国内に住所をもっているか否かで判別されていました。それにより、住所を国外へ移すことによる租税回避が頻発し、それらの抑制を目的に見直しが繰り返されてきました。
 
 他方、繰り返された納税義務の見直しにより、例えば、海外から日本に赴任する外国人といった、一時的に日本に滞在する外国人に相続が発生した場合、日本に居住したこともない相続人が取得した国外財産も相続税の課税対象となることから、問題とされてきました。このような弊害を取り除くべく、平成29年度の税制改正で一定の外国人を短期滞在の外国人(※1)として、相続が生じたときに相続人及び被相続人が短期滞在の外国人に該当する場合は、国内財産のみを課税対象とする措置が講じられ、平成30年度改正では当該部分がさらに緩和される予定です(※2)。複雑化する相続税・贈与税の納税義務への正しい理解が必要となります。
 
(※1)出入国管理及び難民認定法別表一の在留資格を有し、過去15年以内において国内に住所を有していた期間の合計が10年以下の者、もしくは、日本国籍のない者で、過去15年以内において国内に住所を有していた期間の合計が10年以下の者。(※2)贈与税については、一部、租税回避防止を目的とした取り扱いが講じられる予定です。