このページではJavaScriptを使用しています。

海外進出企業が抱える海外ビジネスでの不安・戸惑いを解消します。

 

HOME > 上海成和ビジネスコンサルティング新着情報

  • 成和グループ各社
  • 税理士法人 成和
  • 成和ビジネスコンサルティング
  • 上海成和ビジネスコンサルティング
  • ベトナム成和ビジネスマネジメント

上海成和ビジネスコンサルティング新着情報

【上海快報】出張者に関する出入国管理上の注意点
為替レートの円安への変動、中国国内の人件費をはじめとした物価の上昇、中国経済の停滞等の理由により、日本本社から中国現地法人へ派遣する駐在員を減らし、日本本社からの出張者による業務対応への切り替えが進んでいます。しかしながら、中国の出入国管理上、特に就業目的での入国に関しては規制が強化されており、税務上の取り扱いとも相まって、十分な注意が必要な状況となっています。今回は、日本から中国への出張者に関する出入国管理上の注意点について解説します。
 
詳細は、以下のPDFファイルをご覧ください。
 
 
 
【上海快報】外国人旅行者に対する増値税還付制度の開始

  中国では、今年の62日から中国国内で商品の購入をした外国人旅行者を対象として、出国時に商品の購入の際に支払われた増値税の一部を還付する制度が開始されました。今回は、この外国人旅行者に対する増値税還付制度(以下、“本制度”とします。)について解説します。

 
 詳細は、以下のPDFファイルをご覧ください。
 
 
【上海快報】『連合年度検査』から『連合年度報告』への移行
昨年まですべての外商投資企業は6月30日までに「連合年度検査」手続きを行わなければなりませんでしたが、今年は6月30日を過ぎてもこの「連合年度検査」手続きの実施要項が発表されず、制度が廃止になったのではないか、とも噂されていました。しかしながら、7月13日付で「連合年度報告」手続きの実施要項が発表され、7月16日から10月15日までの間にこの「連合年度報告」手続きを行うべきこととされました。今回は、連合年度検査から変更された「連合年度報告」手続きの概要と、連合年度報告のみでは充足されない行政機関に対する年度手続きについて解説します。
 
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。
 
【上海快報】居留許可申請に関する最新状況と注意点
2015年2月号でも記載させていただきましたように、今年の1月より就業目的での出入国管理が厳格化されています。一方で、就業目的で長期間中国に滞在する外国人に対しては、従前は原則として1年しか認められてこなかった居留許可の有効期限について、2年、5年といった期限での居留許可が、比較的緩やかな条件で認められるようになってきています。今回は、外国人駐在員に必要な中国の居留許可申請に関する最新状況と注意点を解説します。
 
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。
 

 

 

 

 
【上海快報】いわゆる『一人っ子政策』に関する企業の注意事項
中国では、人口抑制を目的としたいわゆる「一人っ子政策」が実施されており、緩和方向での修正を加えながらも、現在においても政策は維持されています。このいわゆる「一人っ子政策」には、その目的を達するための奨励政策が規定されていますが、この奨励政策は政府によって実施されるのみならず、企業による実施が前提とされている事項も存在します。今回は、いわゆる「一人っ子政策」に関連して、企業が注意すべき事項を整理します。
 
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。